ご家族の方へ

ご家族の皆さま

私たちは、福岡市の認定を受け、平成30年4月より、多機能型事業所として、
自立訓練(生活訓練)・就労移行支援の事業を開始いたしました。

スタートさせて頂くにあたり常に私たちの根底にあるのは、
「障がいと向き合いながら、幸せに生活していける方法の模索」でした。
私たちは、今もずっとこの課題に想いを寄せています。

開始から少し時間が経ち、多様な利用者の方を、微力ながら支援させて頂いていることに喜びと責任を感じています。

私たちは、より真摯に利用者の方と向き合い、それぞれの特性に沿った支援を行うことを目標にしています。 就労を目指すにしろ、生活訓練を行うにしろ、やはり大切なのは利用者の方にあった支援を見極め、寄り添うことであると思います。
※利用者との時間をできる限り多くとったり、定期個別面談の実施、現状把握、短期目標の設定、環境についてなどを細かく聞き取り、よりよい支援につなげるための工夫を行っています。

また、私たちは働き方に対しては、多様で柔軟な選択肢を提案していきたいと思っています。

身内のやっている事業を手伝う。
得意分野を生かして個人事業主になる。
ITスキルを活かし、ネット起業する。
自らの障がいの理解、知識を活かし、同じように困っている方の助け手になる。
このような形で働き、賃金を得ることができれば、とても素晴らしいと思います。

もちろん一般就労も、素晴らしい結果です。
昨今は、障がいを持った方の差別解消が義務付けられ、合理的配慮の提供も叫ばれています。
「障がいを持った方も健常者も、共に同じ職場でお互いを思いやりながら働く…」
勿論、実現できれば、本当に理想的な社会になると思います。
しかし、現実を見ると、多くの職場では理解や配慮の不足から、
健常者と障がいを持った方が、共にストレスを抱えたまま働き続けることになり、
その結果障がいを持った方が継続して働くことができなくなる

このようなケースは少なくありません。

勿論、中には思いやりや理解ある人もいるでしょうが、多くの場合、障がいの特性を正しく理解しているとは言い難い状況ですし、現状では致し方ない事なのかも知れません。何故なら、そもそも健常者だけの職場でさえ、人間関係はうまくいかない事も多々あるのですから。

私たちは、関わった方が、障がいと向き合いながら働く方法として、障がいの有無の間にある障壁を取り除く訓練や取り組みだけではなく、 「障がいに理解ある管理者が配置されている職場で、個人の特性ごとに空間を分けたり、工夫したりできる場所などを整え、障がいを持った方が安心して長く働ける環境を作る」
そんな職場環境づくり自体を企業側にも提案し、啓蒙し続けたいと考えています。
また、私たち自身も、相談支援員様や支援団体様等とも継続的に連携し続けながら、理想とする職場や事業自体を、今後、創り上げていく事も視野に入れています。

障がいに対して、理解ある人の元で、自分らしく取り組む…
そのような働き方が許され、かつ社会から求められている仕事に従事し、賃金を得ることができる。 私たちは、そのような環境への道筋を見つけていきたいと思っています。

最後に

カレッジのある博多駅前という立地は、JRや地下鉄、西鉄バスなど、非常にアクセスも良い場所で、近くに公園などもあり、環境も申し分ありません。
また、利用者様お一人お一人は勿論の事、家族の皆様方とも寄り添う事のできるスタッフ体制でお迎えさせて頂きますので、是非、私たちと共に、「新しいあなたの生き方」を考える場所と環境としてのカレッジをご利用下さいませ。

2018年8月1日 りんぱれっと スタッフ一同